令和元年 荻原さんの長野りんご米こしひかり【無農薬】 

長野県東御市八重原地区は長野県でも美味しいお米の産地として知られています。
荻原さんが作る『長野りんご米』は長野県の特産品であるりんご、そのりんごをジュースなどに加工した際に出る絞り粕を主原料にして長い年月をかけてじっくりと自家製完熟堆肥を作り、田んぼに入れて土づくりをしたお米の事。
環境に恵まれた八重原地区で南アルプスの伏流水を引き込み、カブトエビが住み着いた田んぼで農薬も化学肥料も使用しないで育てたお米です。
ややしっかり目の食感で香りがよく甘味のあるコシヒカリです。
皇室献穀米にも選ばれ、全日空国際線ファーストクラスの機内食のお米としても使用された名実ともに最上級米です。
GGAP認証農場(グローバルギャップ)で栽培されたお米です。GGAPとは国際的な安全規格で栽培する農場に与えられた国際規格です。この認証が無いとオリンピックなどの国際大会で食材の提供が出来ません。2020年東京オリンピックでも国内産の農産物を使用するにあたりこのGGAP認証農場でないと選手村などに食材を卸す事は出来ません。荻原さんの農場はいち早くこの規格を受けてGGAP認証農場として認証を受けた日本の最先端を行く農場です。
GGAPについてhttp://www.globalgap.org/ja/index.html

特別栽培米(農薬・化学肥料不使用)
長野県東御市

店主評価(10段階)
粘り: ★★★★★★★★
香り: ★★★★★★★★★★
甘味:★★★★★★★★★★
光沢:★★★★★★★★★


【精米に関して】
商品は全て玄米1kgの価格です。
白米に精米すると約10%が糠となり排出されるため重量が減ります。
3分づきは約3%、5分づきは約5%、7分づきは約7%重量が減ります。
予めご了承ください。
販売価格 850円(内税)
在庫状況 71KG
精米
KG

会員登録で50ポイント進呈ポイントの詳細はこちらから

ツイッター始めました